充実生活

最近始めたamazon輸出を中心に、色々な情報を紹介したいと思います

*

「【三菱東京UFJ‐VISAデビット】ご利用代金お支払いのお願い」メールが届いた

   

りのです。少々納得できないことがあったので、またしてもメールネタを書きたいと思います。

私はamazonで販売する商品は基本的には掛け(月末締めの翌月末現金など)で仕入れているのでクレジットカードは使わないのですが、amazonなどから商品を買う場合は、現金よりカードのほうが便利なためVISAデビットカードを使っています。
毎月発生するキャッシュバックも魅力です。

そんな便利なカードですが、残念なことに本日「【三菱東京UFJ‐VISAデビット】ご利用代金お支払いのお願い」というメールが届きました。メールの内容は次の通りです。

りの 様

三菱東京UFJ‐VISAデビットをご利用いただきましてありがとうございます。

本日ご請求のお客さまの三菱東京UFJ‐VISAデビットのご利用代金が、決済口座の残高不足によりお引き落としできませんでした。

つきましては、ご利用代金をお客さまの決済口座に至急ご入金くださいますようお願い申し上げます。
なお、本メール到着日の翌日よりカードを利用停止とさせていただきますのでご了承ください。カード利用再開にあたっては、ご入金後、翌日に引落のうえ、翌々日に利用できるようになります。

本連絡と行き違いに、すでにご入金済み、もしくはご入金日をご連絡いただいております場合は、ご容赦ください。

【残高不足について】
海外でご利用の場合、ご利用時の為替レートでいったんお引き落としをいたします。
後日、ご利用店舗からの売上データが到着した時点で、ご利用時からの為替変動による差額のお引き落とし、またはご入金を行います。
また、国内でご利用の場合も、ご利用加盟店側の都合で後日の請求、お引き落としとなることがございます。
後日お引き落としをする際に、お客さまの決済口座の残高が不足した場合は、弊行がいったん立て替えを行っております。

※明細照会や不明点はデビットデスクまでお問い合わせください。

このメールですが、届いたのが7月6日です。

最後にVISAデビットカードを使ったのが6月16日の2660円。通帳を確認したところこれは即日引き落とされています。(念のために書きますが私は6月16日以降VISAデビットカードは使っていません)

さらにびっくりしたことに「7月6日付で【お預かり】に26,000円【お取引内容】がデビット3 VISA-779xxx」とお金が増えているではありませんかΣ(・ω・ノ)ノ!

すかさず「三菱東京UFJ銀行 デビットデスク 0120-860-735」に電話しました。

「もしもし」から始まり本人確認が無事終了。
すると「どのようなご用件でしょうか?」と聞かれたので、「あの~~、ご利用代金お支払いのお願いのメールがきまして、最近VISAデビットカードを使った記憶がないので電話しました」と要件を伝えました。
すると「思い当たることはありますか?」ときかれたので、「それがわからないので電話しました(わかったら電話しませんヨ)」と即答!
その後「しばらくお待ちください・・・」から、しばらく流れる音楽を聴いていました。
しばらくして「お待たせしました。実は・・5月8日に購入した商品26,000円が・・・」とはじまりました。

少し長くなるので端折りますが、簡単に流れを示すと
5月8日 商品購入 26,000円 引き落とし
5月18日 購入した商品の在庫が無いと販売店から連絡があったので販売店に購入商品のキャンセルを依頼しました。
5月18日 販売店がキャンセル処理を行い、26,000円がVISAデビットから返金されました

りの的にはここで支払ったお金も戻ってきて、商品もキャンセルできたのでこの取引は終わっていました。

しかし、私の知らないところで販売店とVISAデビット側でやり取りがあったらしいです(デビットデスク曰く)それは・・・

7月6日に販売店から正式なキャンセル依頼がVISAデビットに届いた。
VISAデビットはキャンセル処理を行う必要があるので、5月8日と5月18日に行った処理と同じく、
①26,000円をりのの口座から1度引き落とし、
②26,000円を返金する処理を行ったそうです。

しかし、しかし、りのの口座はデビットカード専用で使っているので、カードを使うときにしかお金を入金していません。
このため、①の引き落とし処理を行ったが残高がなかったので「ご利用代金お支払いのお願いのメール」を送信した。
その後、①の引き落とし処理が行えていないにも関わらず、②の返金処理を実施した このため、りのの口座には26,000円が入金された状態になっており、結果的にりののお金が増えているじょうたいになったということみたいです。

このお金は翌日(7月7日)に①の引き落とし処理を実施し、①②とも正常終了させる必要があるみたいで、デビットデスクさんはお金は使わずそのまま口座に残しておいてくださいと言われました。

しか~~し、はらが立つことに、①の結果VISAデビットはりの宛に「ご利用代金お支払いのお願いのメール」を送信したわけで、このメールに書いてある通り、「本メール到着日の翌日よりカードを利用停止とさせていただきますのでご了承ください。カード利用再開にあたっては、ご入金後、翌日に引落のうえ、翌々日に利用できるようになります。」は有効であるとのこと(何で??

つまりVISAデビット側の都合で5月18日に発生したキャンセル処理を、りのの実口座を使ってかってに行い、

  • 腹が立つこと1) りのは何もしていないのにVISAデビットの処理の都合で、7月7日はカードを使えなくした
  • 腹が立つこと2) ひとの口座に勝手にお金を振り込んでおいて、そのお金は使うな!それはVISAデビットの金だといいはる。さらに勝手に使うと再度引き落とし不能の督促がくるよ・・と脅迫(すみませんといいつつ)→<これはいくらなんでも押しつけ詐欺そのものですね>

まだ腹の虫がおさまらないので、冷静になった時にこの文章をまとめ直してそれなりのところに報告したいと思います。

 - インターネット

Ad

Ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

406_06
【ビックカメラ.comからの重要なお知らせ】メールについて

りのです。今回はamazon輸出と関係ない話題についてです。 最近何かと話題にな …