充実生活

最近始めたamazon輸出を中心に、色々な情報を紹介したいと思います

*

ペイオニアからの引き出し

      2015/06/15

りのです。今回は「Payoneer ペイオニアプリペイド MasterCard® カード card」を利用してゆうちょ銀行とセブン銀行でそれぞれ現金を引き出しましたのでその報告をしたいと思います。

まず、なぜ別々のATMで引き出したかというと、そもそも手数料に差があるのかググってもわからなかったので実践してみようと思ったからです。まずは1回当たりの引き出し限度額について書きます。

「Payoneer ペイオニアプリペイド MasterCard® カード card」を利用した1回当たりの引き出し限度額

 

それではゆうちょ銀行とセブン銀行のホームページでどのようになっているかですが・・

まずはゆうちょ銀行のホームページは以下の通り「1回あたりの引出し限度額を20万円に変更いたします」となっています。

ホーム > お知らせ > 海外発行カードによる現金引出しサービスの引出し限度額の変更について(2015年5月25日現在)

jphp001

 

またセブン銀行のホームページでは以下の通り「海外発行カードでの1回の引出限度額は10万円です」となっています。

ホーム>個人のお客さま>ATMを使う>海外で発行されたキャッシュカード・クレジットカード>ATMの使い方(2015年5月25日現在)

seven001

今回は20万円引き出す予定でしたので、手数料などを考えゆうちょ銀行のATMへ行きました。

カードを入れて、海外カードを選択し、暗証番号を入力し、金額を入れるところで画面に「限度額は10万円」の表示が・・・すかさず局員に確認するもわからないみたい。とりあえずゆうちょ銀行のホームページにある「ゆうちょコールセンター:電話 0120-108420(通話料無料)」に電話して「ホームページで20万円と書いてあるけど10万しか引き出せないみたいですが、20万引き出せるATM教えてください」と問い合わせを行いました。すると2015年1月5日より限度額は10万円に引き下げられたと残念な回答Orz

結局、ゆうちょ銀行だろうがセブン銀行だろうが20万円引き出すのは2回分の手数料、30万円だと3回分・・これではせっかくの売上金も現金として握るまでにたくさんの手数料で消えてゆきますね。ということで1~3営業日かかりますが「ローカル銀行口座へ資金引出し」方法で引き出したほうがお得みたいですね。機会があれば引き出した結果を書きたいと思います。

ゆうちょ銀行とセブン銀行で10万円引き出した結果

本日ゆうちょ銀行とセブン銀行で10万円引き出したのでその結果を報告します。

早くも結果ですが、以下の通りどちらも同じ金額($861.19)が引き落とされていました。

paywithdrawal1
この金額をもと手数料を推測してみます。

アマゾンでの売り上げが確定して現金を引き出すまでに支払う手数料

amazonでは月に2回も売上金を販売者に支払ってくれます。

まず、amazonが売り上げ金を支払ったときは「Your payment is on its way」メールを夜中の2時頃配信してくれます。

そのあと、ペイオニアから「Payoneer(ぺイオニア)アカウントに入金がありました!」メールが届き、売上金が私の口座に入ります。

私の場合はamazonからのメールは金曜日に受け取り、ペイオニアからのメールは3日後の月曜日に受け取っています(たまたまかな?)

ここで売上金を引き出す流れは次の通りになると思います。

  1. amazonが売上金を集計し送金処理をする(Your payment is on its wayメールを受信)
  2. ペイオニアの口座に着金する(Payoneer(ぺイオニア)アカウントに入金がありました!メールを受信)
  3. ペイオニアプリペイドカードをもってATMへ行く

1.今回はamazonの売上金が$1000であったとします。この時「Your payment is on its wayメール」では「We initiated a transfer to your checking account (ending in xxx) in the amount of $1000.00 on 05/14/2015.」と$1000送金したとメールが来ると思います。

2.すると「Payoneer(ぺイオニア)アカウントに入金がありました!メール」では「お客様のPayoneer ぺイオニアアカウントに $1000.00が入金されました!」とメールが来ます。そして着金と同時に「ACH Corporate Load Fee」という名目で1%の手数料を引かれます。今回は$10も手数料で持って行かれました。;;

3.ペイオニアプリペイドカードをATMで使うわけですが、使うだけで$3.15の手数料を支払います。またUSD(米ドル)をJPN(日本円)に変換するため為替手数料も支払います。本日のCASH Bレートは以下の通り118.70になっています。これは公表仲値(TTM)121.70より3円も差があります。

 

本日の外国為替相場一覧表(東京三菱UFJ銀行)

2015年5月25日外国為替相場一覧表(三菱東京UFJ銀行)

 

合わせてペイオニアプリペイドカードはMasterCard®のため当然MasterCard®へ支払う国際取引手数料が発生します。これは上限3%だそうです。

ということで、今回は10万円をATMから引き出しましたが、Payoneerの取引履歴を検索したところ$861.19引かれていました。この金額から今回支払った為替手数料と国際取引手数料計算したいと思います。

ここで10万円に対する公表仲値とCASH Bはそれぞれ$821.69と$842.46になります。

まずは固定としてATM手数料が$3.15。

為替手数料は (CASH B) – (公表仲値) で $20.77

最後に国際取引手数料は $861.19 – $3.15 – (CASH B) で $15.58

合計で$39.50となりました。これは公表仲値に対して4.8%も手数料を支払っていることになります。

今回は10万円の売り上げに対して4800円も手数料がかかったといえると思います。

現在のamazon輸出では、輸送費やFBA手数料、返品手数料などを考慮すると、10%の利益を出すのは大変です。

 

なにかうまい方法はないか考えたほうがよさそうです

 - amazon輸出

Ad

Ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Book
2か月ほど前バカ売れした商品など

りのです。まずはおよそ2か月前にバカみたいに売れた商品について最初に書いてみよう …

Book
Buy Box 取得率を調べる

リノです。こんにちわ! 今日はamazon販売で重要となるBuy Boxの取得率 …

Book
返品された商品の理由

りのです。今回は5月14日のブログで書きました返品商品のその後についてお知らせし …

Book
同じ商品で2回目の返品

りのです。今回は以前投稿した記事 返品された商品の理由 の続きができましたので報 …

Book
いまさらですがamazon輸出始めました!

はじめまして りのです。 amazon輸出を始めてもうすぐ3か月になります。 そ …

Book
Amazon輸出で役に立つサイトなど

りのです。いつもありがとうございます。 本日は朝早くamazon USAからテン …

Book
同じ商品で2回目の返品の続き

大変ご無沙汰していますがAmazon輸出はしっかりと続けています。 また、最近は …